読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のわた誌

決まらないよりはいいと思ったけど、ちょっとアレな気がするブログ名...

「東京タラレバ娘」を読んで思うこと

この漫画系統の、「結婚してないということをネガティブに感じている」を主とした漫画をよく読んでいる。(アラサーちゃん益田ミリ、少しずれて西炯子等々)

 

独身だったら辛いだろうなと感じながら読む。

 

そして私は、「この主人公たちはまともに職を持っているのに、自分はまともな職に付いていないし、スキルも無い」という、逆のネガティブに苛まれながら読み進める。

 

いつも、

「人生の色々な選択を間違えた」

「でもあの時はあの時の全力だった」

「なるようにしかならせられなかった」

「あの頃を責められない」

と思って、今を責め、

「けれど今も全力だ(多分)」

と思いながら『勝手にうまくどうにかなってくれる』ことを望んでいる。

だって怖いんだもの。これ以上上手く行かないかもしれないことが。

 

「いいじゃん結婚してなくたって!充実した仕事についてるんだし!」

と、私は既婚なだけだ、という目線で読んで落ち込む。

ないものねだり。

 

漫画と私の間には、「結婚と正社員を両立してる人」「結婚も仕事もしてない人」「私と同じ状態の人」等々は存在しない。

 

 

あ、そうそう。私は友達がいないんですがwwwこの3人みたいに本心で気兼ねなく話せる友達が欲しいな、とこの漫画を読むと思ったりする。

会うことを「面倒くさい」と思わない友達が欲しいなと、この歳になって少し思う。

「何話したらいいかわからないから面倒」

「よくわからん話に気持ちを述べることが面倒」

「隙無く続く話のどこに口を挟めばいいかわからず、相槌だけになるのが見え見えで、述べても自分の声が掻き消されるからトーンの早い会話が苦手」

なのが、自分が社交的でない原因です。しかし別に切実じゃないからそんな友達探しは行わないwwww