読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のわた誌

決まらないよりはいいと思ったけど、ちょっとアレな気がするブログ名...

「こぅわっ!(怖っ!)」と思ってから

見つけてしまった、のは見つけようと思ってたから。

もうその時点で逆に自分のほうが怖いんだろうが。

見るのがこぅわっ!って。怖すぎて一時中断。もう見ないかも。

凄くあやふやに書いているけど、うん、逆に見られてたら怖いっていう。

見られてるんじゃないか、という自意識過剰ね。

見られてるわけはないが、ではなぜああしたか、と考えると怖い。

濁しここまで--------------------------------------------------------------------------------

と濁したが、もし見られてたとしたらわかるよなぁ、予防線予防線。(ならない)

 

後ろ盾、縁の下、そんな風にしてあげなきゃ辛いんじゃないかと、気を使ったりしたが、そんなもの要らないんだな。なくたって私よりも強い多くの支えがいた。気づいてたけど、思っていた以上だったから驚く。

 

少し前に思っていた。最後は関わる人の多さなのかと。それが「豊か」であることなのだろうと。まじまじと見せられた。関わる人が多ければ、あんなクソみたいな時間もただの生活の一部なのだと。そのほかの時間が充実で満ちているなら。

 

私はあんなクソみたいな時間が一日の大半を占めるから、一日がクソで、1ヶ月がクソで、それがずっと続いていくとすれば言わなくとも。

 

では関われば?なんて、それが好きならばもうたくさん関わってるでしょ。

 

今日初めて話しかけてくれた人がいる、そういう存在がいるだけで暫く心が乱れる。話しかけてくれて嬉しいのに、心が乱れる。だから、飲み会で普段話さない人たちとテンションが上がって話してしまうと、翌日中ずっと心が乱れている。これが嫌だから、なるべく飲み会に行きたくなくなった。数年前までそんなことなかったのに。

 

前述の「豊か」に対して、自分は羨ましいのかと問うと、なんにもない。今の私の「関わりたくない」は「関わりたい」の裏返しではないようだ。

 

ただ、認めて欲しいかもしれない。どうせ認められるほど私は見られていない、見られていないから声に出したが分かられなかった。だから関わりたくない。認められるから、関わりたいんだよね。認められないと分かっていながら、関わりたいなんて凄くマゾい。

 

散々理解されずに来たから、少し認められるようなこと言われても素直に取れないのも思い出した。疑っちゃう、「ホントにわかってそんなこと言ってんの?口だけじゃねーの?」だから信じられるのは目に見える物になった。それが基準になってしまった。その基準も私をずっと疲れさせる。この悪循環を切らねば。また習慣のようにスラスラとこんなことを書いてしまった。